チューニングの狂わないギターは無い 

ギターが登場して100年は経っが、ギターは楽器として完成していない。例えばピアノ、これは時々調律をすれば簡単にはチューニングは狂わず演奏出来る。又、キーボード類もまずチューニングは狂う事が無い ベースはギターと根本的に構造が同じなので、狂いはあるだろうがギター程ではない。問題のギターだが、ナットの溝が正確だろうがロック式ペグを使用しようが、これは多少マシな程度でチューニングは狂う。ビバップ系ジャズならチョーキングが無いので多少はマシだがブルースやロック系ギタリストもしくはジャズでもチョーキングを自分の奏法に取り入れる限り 弦を引っぱる=フラットに狂う それでもチューナー等でチューニングする時、一担 フラットさせて下から合わせれば少しはマシ ストラト等でアームプレイをすればやはり狂う。最近はそれでも色々と狂いを止める物が出ているが、それでもチューニングは狂うモンだと断言出来る。マメにチェックする他、手が無いと思う。そろそろギターメーカーもギターの根本を見直して、弦交換は1年に1回 チューニングはチューナーの様に完全プリセット チョーキングしようがトレモノアームを使おうがおかまい無しのギターを試作して貰いたい所だ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/3718-74f658e5