最初に歯でギターを弾いた男 ワウワウを最初に使用した天才 アール・フッカー 

アール・フッカー 最初に歯でギターを弾いた男





ミシシッピ州生まれ 多分1930年~1970年没 ジョンリー・フッカーの従兄弟 このアール・フッカーはシカゴブルース界の天才で、豪快なプレイで知られるバデイ・ガイをして、フッカーは凄いスライドギターを弾いているのを見てスライドはあきらめたと言う逸話のがある。インストの代表作ブルーギターやアールブギがあるが、フッカーは押し弦も上手く、ワウワウをシカゴブルースにイチ速く持ち込み ダンエレクトロンやギブソンのダブルネックギターを使用した。サウンドの魔術師 ギターの可能性をジミヘンよりも遥か前から追求していた。当時スライド奏法はオープンA D E等を使う事が多かったがレギュラーチューニングでスライドを追求。又パフォーマンスも凄く、歯でギターを弾いた初めてのパフォーマーだったが、本質はサイドメン。何故かジョンリー・フッカーの様に歌が良くない・・・と言っても味はあるのだが、メインにはなれなかった。1曲目のスウィートホーホームシカゴではワウワウでスライドソロ サイケブルース?2曲目は椅子に座っての歯弾きパフォーマンスが見られる。それにしてもワウワウとスライドギターの組合せはアール・フッカーが後にも先にもいるか?

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/3713-4c40eb37