BBキング&ゲイリームーア、ルーサー・アリスン 競演ライブ 

BBキング&ゲイリー・ムーア、ルーサー・アリソン 競演ライブ



1996年、この3人の顔合わせで競演、この当時はまだBBも元気でコードトーンに合わせた美しいフレーズ連発、こうして聞くとBBはTボーン・ウォーカーの影響以外に、チャーリー・クリスチャン等、初期のジャズギターやホーンプレイヤーの影響が大きいと思う。ルーサーアリソンはもう少しロック寄り、ゲイリー・ムーアはブルースギターに変身したいハードロックギターと言う感じだな^どうしてもハードロックフレーズが手癖に残っている。これがロリー・ギャラガーやスティーヴ・レイボーン ジョニー・ウィンター ピーター・グリーンなんかだとシックリきそう。こういうジャンプ的なバンド演奏や初期のダンスジャズ的な演奏だとジャズブルースギター的アプローチの方が良い気がする。この3人のギタリストを同時に聞くとBBがいかに深いフレーズを持っていたか良くわかる。ギターの音色、フレーズ、コードトーン、フィーリング 流石に多くのフォロワーを生み出している事がわかる。アンプセッティングの影響もあるとは思うが、音色もBBのルシールが一番、良い音。レスポールはトレブリーに聞こえるのは気のせいだろうか?

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/3702-790467f4