エレクトリックブルース&ブルースロックギタリストオールタイムベスト10 

今回は、エレクトリックブルースとブルースロックギタリストでベスト10を選びます。ポイントとしては①1音に賭けるブルース魂 ②影響力 ③ボーカルが良いとポイントアップ ロバート・ジョンソンやそれ以前のカントリーブルース系、メタル的アプローチのギタリストは省きます(ヴァン・ヘイレン ジミー・ペイジ リッチブラックモア等)

1位 フレディ・キング 1音に賭ける魂は郡を抜いている ブリティシュブルースギターの火付け役 ボーカルも凄く熱い 正直、エレクトリックブルースとしてはジミヘンも敵わない面がある スタンダードカバー多い

2位 ジミ・ヘンドリックス ブルースはセンターに光る エレキギターを演る者の殆どが影響を受けている ボーカルも味がある レッドハウスがブルーススタンダードになっている

3位 Tボーン・ウォーカー ブルースとしてエレキギターを初めて使用した。m7(-5)aug 9等をブルースに取り入れジャージーなバッキングスタイルを創造した。派手なステージはチャックベリー ジミヘン SRVと受継がれた。ブルースで有名アーティスト 3大キングに対する影響力大 スタンダードブルースナンバー多い

4位 マイク・ブルームフィールド 米国を代表するシカゴブルースギタリスト ブルースロックの夜明けを創造したギタリスト 白人で最も黒いフレーズの持ち主 個人的にも好きな事

5位 ジョニー・ウィンター デビュー当時のブルースギターは火の玉 ジミヘンも認めるスライドの名手,ベスト5の中で生きている^体調のせいで衰えたが伝説的である ボーカルも良い テクニカルブルースの元祖速弾き米国でフォロワー多い

6位 グラント・グリーン ジャズ系だがジャズブルース ソウルブルースの王 ビバップ系で最もブルージー フォロワー多い テクニックより音色と味で勝負

7位 BBキング やはりキャリア伊達に長く演っていない 息子^孫^曾孫世代迄フォロワーが多い 全盛期のボーカルとギター、ステージが素晴らしい。

8位 スティーヴィー・レイボーン 遅れて来た本物ブルースギタリスト ジミヘン亡き後、ストラトキャスターの代名詞 アタックの強さに憧れるアマチュア多い 80年代を代表するテキサスブルース

9位 アルバート・キング 3大キングで一番評価が低くなったが、ブルーススタンダード曲も多く、ギターのためは最強 上記SRVとの競演でも貫禄勝ちしていた。

10位 ハウンド・ドックテイラー ブルースだがパンクであり正にハウスロック 乗りの良い演奏と歪みのスライドギター 1度聞くと病みつきになる。上記9人に比べるとB級だが、その演奏はブルース ロックンロールの良い所を全て伝えている事を評価したい。どの曲も短く余分な物を省いた素晴らしい ある意味上記9人とは全然違うブルースを演奏しているので超えている面もある。勿論ボーカルも最高!

エレクトリックブルース ブルースロックギタリストオールタイムベストで在命中なのはジョニー・ウィンターだけ・・・エリック・クラプトンはギターソングとしてはトップクラスだが外し ジェフベックもロックフュージョンなので外し マディ・ウォータースはブルースミュージシャンとしてはベスト3に入るアーティストだがギターは初期^中期迄しか弾いていないので外し エルモア・ジョーンズは凄いスライドギタリストでボーカリストだが当時はアコギ使用だったので、ブルースミュージシャンとしてはトップクラスながら外した。又、ジャズ系だが素晴らしいブルースギターを弾くケニーバレルもジャズギターとしての側面が大き過ぎるので外しました。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/3692-84c503fb