ジャズブルースのスタンダードをジミースミス&ケニーバレルで! 

ジミー・スミス&ケニー・バレル Chitlins Con Carne



ジャズブルースの大スタンダードChitlins Con Carneをジミースミスのファンキーなオルガンとこれまたジャズブルースの巨匠ケニー・バレルが、自身のオルジナルとは違い テンポアップしたご機嫌な乗りで聞かせてくれる。自分はジャズやブルース ロックもクラシック系が好きで、最近の奏者は殆ど興味が無い この当時は曲が良くてサウンドもシンプル ケニーバレルの音質もアンプ直で素晴らしいトーン オルガンのジミースミスは殆ど外しが無い選曲 黒人ジャズスタイル つまりブルースがセンターにある凄いプレイヤーだ。ちなみにケニーバレルのオリジナルはキーC こちらはFで演っている。このギターバッキングを所謂ツーファイブの要素を入れて自分で作りコードバッキングするとジャズブルースが面白くなる。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/3681-5d3c3b4e