ギブソンレスポール・スタンダード2012年新作 コイルタップ付き 

レスポール・スタンダード 2012年モデル

09-312473500_l.jpg
2012年レスポールスタンダードの最大変更点はボリュームポット、トーンポットのコイルタップ操作で色々な音作りが出来る事です。リアピックアップ フロントピックアップそれぞれが独立、シングルコイルとハムの音を選べる事です。ファンクミュージックのカッティングやブルースのコードワークはストラトキャスターの様なキラキラサウンドで行い ギターソロではハム特有の甘く粘りのある音に切替えてソロを取れる。1本で2本分楽しめるギター レスポールトラディショナルとは違い、ネックも60年代スリムネックを改良した非対照ネックなので、太いネックは苦手な人には良いでしょう。個人的にはレスポールやセミアコはガッチリしたファットネックの方が握り易く、音も太いので好きですが、ストレッチ系速弾きやメロデイックマイナースケール多用ギタリストには楽に弾けて良いと思います。それとトラディショナルやヒスコレに比べて重量が軽いのも2012年スタンダードの利点です。チューナーペグはグローバーのロック式 これは弦が素早く交換できチューニングも狂いにくいのでライブ向けの良いペグです。イシバシ楽器で248000円 ハードケース付き 余談ですが2008年スタンダードがアウトレットで少し安く売っているのでコイルタップが必要でないと言う人はそちらが、お買得。。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/3644-6329035d