ギブソンレスポール1958年ヒスコレ(珍しい虎目模様) 

ギブソンレスポール1958年 ヒスコレ虎目

les58.jpg

石橋楽器で見つけたレスポール1958年ヒスコレ、普通虎目木目は1959年 1960年モデルで1958年ヒスコレモデルはプレーントップ これは珍しい虎目 基本的に音には何の影響もないトップだがレスポールはそれとは別の芸術的出来栄えを楽しむ事ができるギター 1958年の太いネック(ファットネック)だからこそ出る太い音、自分はギブソンファットネックのギターを使用しているのでネックの太さは気にならない(むしろ弾きやすい)ので1958年ヒスコレが欲しい。レスポール使用者を代表するギタリストはレスポール 初期のエリック・クラプトン ジミー・ペイジ デュアン・オールマン マイク・ブルームフィールド ポール・コゾフ スラッシュ等 ブルースやブルースロックを基調とした粘りのある奏法をするタイプが多いが、レスポール独特の甘く太い音との兼合いもあるのだろうと思う。ギブソンレスポール1958年ヒスコレ ハードケース付き 398000円             

Allman Brothers - Whipping Post


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/3634-b499ce52