ギブソンバートランド アルニコV 


img1_176734.jpgギブソンの新たな精鋭部隊【Team Custom Crimson】の手によるバートランド!レアカラーのブルー見るからに作りの良さそうなシンライン フルアコギターです。バートランドを何時も使用しているギタリストは殆どいません・・・ハンク・ガーランドぐらいか?彼は隠れたジャズギターの名手でブルースの臭いは無く カントリーテクニックとオーソドックスなジャズギターの融合がテンポ良いテクニシャンです。
バードランドは本来ショートスケールネックを、335や339と同じミディアム・スケールにアレンジされているので、ギブソンネックに慣れたギタリストが弾きやすいと思います。値段も100万程なので、素晴らしい木材を使用しているのでしょう。さてこのギターでどんなタイプの音楽を演るか?ブルースやロックも演れなくないでしょうがいまいちと思う。ジャズならES-175 スーパー400 L-5がメジャー ブルースならES-335 ギブソンレスポール フェンダーストラトキャスターだし、良いギターだがバートランドは難しい立場にある。
998000円
ハードケース付


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/3622-7795aa6d