サムスン対アップル栽判はアップルの勝訴! 

スマートフォンの特許侵害をめぐりカリフォルニア州地裁で争われていた米アップルと韓国サムスン電子は24日、評決が発表され、アップルが勝訴。陪審団はアップルの特許が侵されたと判断、10億5100万ドル(日本円で820億位)の損害賠償が認定されたが、場所変わり、韓国では24日、サムスンのギャラクシーはアップルのアイフォンと外観がよく似ているが、デザインを盗んでいないと栽判所が判断!基本的にデザインの激似は売上げに大きく貢献すると言うのがわからない訳がないと思う。ここらがサムスンのアジア的発想だと思う。もしデザインが2っ折り携帯だったら多くのユーザーはスマートフォン乗換えは今程は起こらなかったと個人的に断言できる。逆にアップルに対してサムスンのワイヤレス技術に関する特許を侵害したと断定、サムスンに対しては、電子文書スクロール機能に関してアップルを侵害したとして、両方を裁く事となった。アップル株は時間外取引で約2%程上昇、最高値の675ドルをつけている。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/3597-0d9fecd2