日経平均は反落・・・利確売り 欧州時間のユーロ円(8月24日) 

米国ダウの下げを受けて日経平均も反落。米国FRB追加緩和期待の後退と景況感の悪化を受け、戻り売りや利益確定売りに押された。一時下げ幅が130円程、今は狭いレンジで動いている。ユーロ円も値幅が狭い・・・昨日は高値98・80台 安値98・30割れと50PIP程なので、材料待ちか?チャート的に日足調整待ち もう少し上昇して2時間足 4時間足分の調整をするのが、理想的だが欧州勢の出方次第で決まるのでしょう。ちなみに東京株式市場は出来高不足で夏枯れ・・・

ユーロ円売り

99・20~39 幅あり

99・96~03

100・15~25

100・60~70

買い

97・94~80

97・70 前後 

97・28~24

97・00 割れ

96・60~50

今日の指標は英国中心なので、株式が材料でしょうか!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/3596-66f27e48