スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末相場雑感(8月31日) 

週末の米国株は反落で終える。米国がシリア攻撃する事を再度材料とした事・・・折り込み済みと思うが?個人消費支出も売り材料となる。ダウ平均は30.64ドル安、ナスダックも16P安、ユーロ円は129・70台で引けています。9月2日はレーバーデーの祝日で休場となる為、リスク回避している可能性が高いです。米国投資家も基本的に連休中は持ち高整理しての様子見。ヘタすると9月相場は株を中心に荒れるかも?オバマ大統領は、今だ対応策を検討しているとした上で、大規模な軍事行動ではなく、限定的な行動、つまり空爆程度で関与する考えの様だが、ここがハッキリしないと相場がグズグズするのかも・・・

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。