期待・失望・・・ECBが集点 欧州時間のユーロ円(7月31日) 

欧州時間のユーロ円(7月31日)

先週、ECBのドラギ総裁がユーロ防衛のため、あらゆる手段を講じると発言、市場では2日のECB理事会で具体的な案が打ち出されなければ、失望からユーロ下落 株下落との見方が広がっている。昨晩は世界的に株が堅調 ユーロ円の調整幅も少ない日でした。テクニカル的には週初のユーロ円で書いたとうり97円台中盤から1円程、時間をかけての調整 東京時間で売れた方は上手くトレードできたのでは?本日はテクニカル的に少し上がある気がしますが・・・

売り
96・50~60

97・12~18

97・38~50

97・81~90

98・05~12

買い
95・20~10 打診か

94・55~45

94・32~22

93・90~80

ポイントの前後8~10ピップ注意!

スポンサーサイト