スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェフ・ベックとブライアン・セッツアーのセッションはエデイ・コクランのナンバー 

ジェフ・ベックとブライアン・セッツアーのセッション

まずは映像から


やはりジェフ・ベックのルーツはジミ・ヘンドリックスやエリック・クラプトンと違い,ロカビリーやカントリー系にあると思っていたが、このブライアン・セッツアーとのセッションであらためて確認できた。このロカビリーギタースタイルはエルビス・プレスリーのジェームスバートンが割りと有名です。同じロックンロールでもチャック・ベリーはシカゴブルース系とカントリー,ブルースを土台に作られたのに対しロカビリースタイルはジャンプとカントリーが土台になった感じです。特にブライアンもジェフ・ベックもレスポール氏が得意の3連リフが得意です。タララタララ・タララタララ これがジミヘンやジョニー・ウィンター等はタラララララ・タラララララとかタラタラララ・タラタラララとかになるのです。この手のロカビリー的な早弾きリフやブルースロックのテクニカルリフはかなり研究した事があるので、わかりやすいです。基本的な運指の練習にもってこいです!
b.gif 57lpg-6120images.jpg

ジェフ・ベックが使用しているのはギブソンレスポールスタンダード多分オールドではなくヒストリック物だと思うのですが57~58年タイプ そしてブライアン・セッツアーはグレッチ6120ホローボデイ ところでジェフ・ベックのファッションがかなり変わりました?スタイリストでもついたのでしょう。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。