スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21世紀、希望のブルースギタリスト ゲイリークラークJR 

21世紀のブルースギタリスト ゲイリークラークJR!

Gary-Clark-Jr3.png
geiri2.jpg


ブルースミュージシャン、ブルースロックミュージシャンが、高齢化しています。BBキングは80代後半、バデイガイも80歳そこそこ、クラプトンやジョニーウィンター、ジェフベック等のブルースロック系ギタリストも70代、若手だと思っていたロバートクレイが60歳 若手はデレクトラックス(30歳) 正直、直伝の継承者はもう居ないのだろうか?と思っていました。この前、クロスロードギターフェスのビデオで見た若手(29歳) しかも黒人!やはりロバジョン~マデイ~3大キングに続くブルースいやブルースロックのスター しかもデレクと違いボーカルが良くてギターも弾くスター その名前はゲイリークラークJR 歌も良くて、ギターはジミヘン、フレデイキング、アルバートキング、ボビーパーカー辺りからの影響大!

geiri1.png


ゲイリークラークJR

テキサス州、オースティン出身 ここらがTボーン、ゲイトマウス、ジョニーウィンター、SRVと似ている

12歳からギターを手にしたゲイリークラークJRは、若い時期からオースティンのシーンで活躍、地元で有名なクラブオーナー、クリフォードアントンとブルースギタリストでSRVの兄、ジミーヴォーンの応援を受ける。彼らはゲーリーをジェイムスコットンら、大物ミュージシャンと一緒のステージ立たせたり、ジミーヴォーンは彼にギターの弾き方から数々の伝説的ミュージシャンと彼らの音楽的ルーツを教えたと言われている。2007年にはオースティンミュージックアウードでベスト・ブルース・アーティストを受賞してからエリッククラプトンから2010年クロスロードフェスティヴァルに招聘したり自身のオープニングにも使った事で米国で注目を集めた。クラプトンは昔から才能のあるミュージシャンを後押ししています。これは新旧関係無く行っているので偽善では無く本物だと思う。(ロバジョン、マデイ、アルバートキング、フレデイキング、デュアンオールマン、デレクトラックス) 他にもかなりマニアックな古いブルースマンの曲をカバーしている。

2011年12月にEP(Bright Lights)をリリース。ローリング・ストーン誌は4つ星という高得点レビュー!2012年には、オバマ大統領夫妻が主催する音楽イベントで、無名に近い新人にも関わらず出演、ミックジャガー、BBキング、バディガイ、ジェフ・ベック、ボニーレイット等と共演!全米放送だった事で注目される事となる。日本にも来日していたらしい事を最近、知りました。

ゲイリー・クラークのボーカルはR&B ロック ブルースに影響を受けたもので本物感がある。またギタースタイルはかなり幅広くブルースは勿論、R&B ロック ロックンロール ハードロックの影響がある。しかし使用ギターがエピフォンカジノがメインと言う事で独特のトーンを醸し出している。これがただのジミヘンフォロワーなら逆さストラトにしてジミヘンカバーを演奏しまくるのだろうが・・・ある意味、デレクトラックスはデユアン直系のスライドギターとその職人技 それでも時代なのか?それとも自身がボーカルを取らないせいだろうか?パターン化は否めず 正直、最初の頃に比べてインパクトがおちてきている。このゲイリークラークは自分でボーカルを取りギターを弾く これこそテキサスブルーススタイルで古くはブラインドレモン、Tボーンウォーカー、ゲイトマウス、ジョニーウィンター、SRVと同じだ。個人的に最初に曲ありき、歌の味ありそして唸るギターが望ましい。ちなみにゲーリ-クラークはテキサスブルース伝統のホーンセクションを加えた豪華なサウンドをこなす一方でアコギ1本でブルースを弾き語る こんなブルースロックスターを待っていたのは自分だけではないだろう。

スポンサーサイト

マイク・ブルームフィールド 白人最高のブルースギタリスト 生誕70周年 

マイク・ブルームフィールド ホワイトブルースの最高峰

何気に近所の大手楽器店に寄ってみたら、ギブソンレスポール1958年式 ヒスコレが少し安く置いていました。大体新品で40万から50万の高級ギター 59年だと虎目の関係で55万から高いもんでは100万近い これが新品で30万!特に問題も無さそう、もしかしたらへッドに細かい傷があるのかも知れないが、この58年式は艶消しで風格も本物のヴィンテージ並、ちなみに本物は安い個体で650万、状態の良い個体なら800万~1500万程度はする。それが見た目は殆ど同じ、しかも新品、普通のレスポールスタンダードやらトラディショナルは弾いた事があるが、この58年式は冷やかしでも試奏はした事も無いので音は想像の僻を越えられないが、多分 ホワイトブルースの最高峰、生誕70周年 本人は81年、37歳で亡くなっているが、米国を代表するブルースロックギタリストにしてレスポールマスター、マイク・ブルームフィールドの音を想像してしまう。自分が中学生時代に、ジミヘンは別にしてクラプトン、ジェフべック、デユアンオールマン、ジミー・ペイジ等より上位にランクしていたギタリストで、今でもエレクトリックブルースの最高峰だと頑に思い込んでいます。勿論SRVも良いのだが、やはりシカゴブルース直系、しかも黒人ブルースマンと同じ匂いがするマイク・ブルームフィールドに惹かれる。白人ブルースギタリストのもう1人の雄、ジョニーウィンターは今でも元気にライブを演り、日本でも古いアルバムがオリコンチャートに6枚もチャートインする等、人気。しかし体調はそんなに良いとは思えず・・・個人的には90年位までのライブ音源の方が遥かに良いしテクニカルなブルース&ロックンロールを聞かせていたと思う。話が脱線してしまったが、マイクのフレーズも素晴らしいのだが、独特なトーンに惹かれるこちらとしてはギブソンレスポールヒスコレ1958年は相当、気になるギターだ。

58.jpg

maiku.jpg

色々と音楽を文章に書くより聞いた方が早い 個人的にはジミヘンと同じ位、世界にブルースギタースタイルを確立させたギタリストとして評価している。

マイクブルームフィールド MIKE BLOOMFIELD - One Way Out



マイクブルームフィールド スウィートブルースの男がCD3枚プラスDVDが発売されるのでこちらは購入予定です。

マイクに影響を与えたギタリスト マディウォータース 3大キング オーティスラッシュ マジックサム ルーサーアリソンそして月並みでもロバートジョンソン

使用ギター ギブソンレスポール1958年 フェンダーテレキャスター ストラトキャスター

アイバーニーズ LGB-30 ジョージ・ベンソンの試弾き動画 

アイバーニーズ LGB-30 ジョージ・ベンソンモデル


img1_234513 GEROGE BENSON

2013年3月に70歳・・・ジョージ・ベンソンもかなり年です。ジャズギター大御所ジョージ・ベンソンモデルに、上位機種から多くの仕様を受け継ぎつつもリーズナブルな価格を実現しLGB30-VYS 多分、ハイポジは弾き難いでしょうが値段の割りに音が良さそうなフルアコ、

ソースくろさわ楽器
ボディ材もLGB300の仕様を踏襲しスプルース・トップ、メイプル・サイド&バックを採用。
指板材には音の立ち上がりが良くサスティーンの向上にも寄与するエボニーを使用。
ピックアップ・セレクター・スイッチは演奏の妨げにならない様、ボディ向かって左上に配置。
木製でロゴ入りのLGB30オリジナル・テイルピースを搭載
ハードケース付き
問題の値段は定価 115000円 特価で85000円そこそこで買えるのはうれしい!

ジョージベンソンの試弾き



個人的にジャズブルースやファンキージャズは好きなので1本買いたい!

ギブソンES- 335 P-90モデルかなりレア! 

ギブソンES -335 P-90 モデル

イシバシ楽器で見つけたES-335 P-90搭載モデル

GIBSON 335 P-90

デザインは同じだが、サテン仕上げ・・・これは弾きやすいけどグロス仕上げの方が高級感がある。ブルース向けのギターです。それもTボーン・ウォ-カ-辺りのモダンブルース向け このギターはエフェクター無しでフェンダーツインリバーブとかベースマンに直結して弾くと良い味が出るギターだと思う。

イシバシで22万台でハードケース付き、出来ればグロス仕上げが欲しい。


試弾動画




335を使用しているギタリストはブルース系、ジャズ系で多い。ブルース系ではBBキング(ルシール)フレデイキング(345)チャックベリー(335、345)アルビン・リー、塩次伸二、ラリーカールトン、リーリトナー、他にも沢山います。

イーグルスのホテルカリフォルニアこそフリーメーソンソング! 

イーグルスのホテルカリフォルニアこそフリーメーソンソング!

昔、ドンフェルダーのギターソロが好きでコピーしましたが、この曲の暗部は悪魔主義、フリーメーソン(イルミナティ)ソング、全ては閉じ込められた世界。



ホテルカリフォルニア日本語訳

暗い砂漠の高速道路でクールな風が髪をなびかせる
コリタスの温かい匂いが、あたりに立ち上る
遠くを見る彼方に、輝く光を見つけた
頭痛が襲い、視力がかすむ
夜を過す事になる
彼女が入り口に立っている
私は礼拝の鐘を聞いた
私は自分自身のことを考えた
これは天国か、それとも地獄かもしれない
彼女はろうそくを灯し、私に行き先を示す
廊下をおりるとの声が
私は思う^彼らがこんなふうに言ってのが聞えた

ようこそホテルカリフォルニアへ
なんて素敵な所
なんて素敵な所
なんて素敵なイメージ
ホテルカリフォルニアの部屋は多い
年中無休
年中無休
あなたはここで見つけられる
あなたはここで見つけられます

彼女の心はティファニーのねじれ
彼女はメルセデスの曲線
彼女は、かわいい男の子を持っている
彼女が友人と呼ぶ
彼らは中庭でダンスを踊っている
甘い夏の汗
思い出すためにダンスを踊る
人は忘れるためにダンスを踊る

私はボーイを呼んで頼んだ
ワインをオーダーする
ボーイは言った
私たちは1969年以来の魂をここには置いていません
そして、彼らの声が遠くから呼んでいる
あなたは夜中に目を覚ます
聞こえるだろ、彼らが言葉が

ようこそホテルカリフォルニアへ
なんて素敵な所
なんて素敵な所
なんて素敵なイメージ
彼らはホテルカリフォルニアで生きてくのさ
素晴らしい驚き
素晴らしい驚き
あなたのアリバイを持ってこい

天井のミラー
氷上のピンクシャンパン
そして彼女は言った
私たちはここの囚人、私たちが作り上げた場所
そして、支配人の部屋に、
彼らは祝宴をする為に集まる
彼らは磨かれたナイフで刺す
しかし、彼らは獣を殺すことはできない

私が覚えている最後の事柄
私はドアに向かって走っていた
私は前に居た場所への通路を見つけなければならない
リラックスと夜警の男たちは言う
私たちは補助要員です。
あなたは、好きな時にチェックアウトできます、
しかし、あなたは二度とここを出る事は出来ない

ホテルカリフォルニア原文

On a dark desert highway,
Cool wind in my hair,
Warm smell of “colitas”
Rising up through the air,
Up ahead in the distance
I saw a shimmering light,
My head grew heavy and my sight grew dim,
I had to stop for the night.
There she stood in the doorway,
I heard the mission bell
And I was thinkin’ to myself :
“This could be heaven and this could be hell”
Then she lit up a candle,
And she showed me the way,
There were voices down the corridor,
I thought I heard them say

Welcome to the Hotel California,
Such a lovely place
Such a lovely place
Such a lovely face
Plenty of room at the Hotel California,
Any time of year
Any time of year
You can find it here

Her mind is Tiffany-twisted,
She got the Mercedes Bends
She got a lot of pretty, pretty boys
she calls friends
How they dance in the courtyard,
Sweet summer sweat
Some dance to remember,
Some dance to forget

So I called up the Captain
“Please bring me my wine”
He said, “We haven’t had that spirit here
Since nineteen sixty-nine”
And still those voices are calling from far away,
Wake you up in the middle of the night
Just to hear them say:

Welcome to the Hotel California,
Such a lovely place,
Such a lovely place
Such a lovely face
They’re livin’ it up at the Hotel California,
What a nice surprise,
What a nice surprise
Bring your alibis

Mirrors on the ceiling,
The pink champagne on ice, and she said:
“We are all just prisoners here
Of our own device
And in the master’s chambers
They gathered for the feast,
They stabbed it with their steely knives,
But they just can’t kill the beast

Last thing I remember, I was running for the door,
I had to find the passage back to the place I was before,
“Relax, said the night man, “We are programmed to receive,
You can check out anytime you like but you can never leave

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。